パパ活は違法や犯罪になる?援助交際(売春)や不倫などのリスクを徹底解説!

パパ活は法律違反ではない

はじめにお伝えしておきたいのは「パパ活は法律違反ではない」ということです!パパ活は性的な関係を持たずにお金のサポートをしてくれる人を探す行為であり、ご飯やお茶をして「お手当」と言われるお小遣いをもらったりプレゼントをもらうだけです。

この行為自体は法律に触れるものではないですが、場合によっては違法になることもあります。この記事では、よく誤解されるパパ活と援助交際の違いや、パパ活が違法になるケースなどを紹介します!

【2018年最新】パパ活アプリ&サイトおすすめランキング!

【1位】シュガーダディ【ハイクラスパパ活サイトならコレ】
年収証明あり、高収入パパを探すならコレ!年収1,000万以上の男性芸能人・モデルなど高レベルの女性を探すならシュガーダディ!年収証明に加えて24時間365日の厳重な管理体制なので安心!

【2位】pato(パト)【本サイト人気No1】
「現地に最短30分でキャストを呼べる」パパ活アプリ!女性キャストは全て面接!芸能人・モデル・アイドル・女子大生など高レベルの女性と出会える!飲み会・二次会・接待・カラオケなどでも利用可能

【3位】ペイターズ【登録者数No1パパ活専門アプリ】
累計マッチング数27万の人気No1パパ活専門アプリ。女性会員18~24歳が80%以上!高セキュリティなので安心して使える!

パパ活は援助交際(売春)とは違う

援助交際になる可能性がある2つの条件

パパ活自体は援助交際と異なります。ですが、いくつかの条件が揃うと援助交際と認定され違法になる可能性があるケースが存在します。その条件とは、「体の関係に対してお金が支払われる」「複数の男性と同時に同じ関係を進める」ことです。それぞれ詳しく解説します!

エッチを目的にお金が払われていた場合

パパ活の報酬は食事やお茶などの「デート」に対して支払われます。エッチはデートの中に含まれると解釈されるため、エッチすること自体は援助交際になりません。しかし、エッチや体の関係を目的にお金が支払わた場合は、援助交際に当たる可能性が高いので注意してください。たとえば、食事やお茶をせずいきなりホテルに行き、エッチ後にお小遣いをもらって即解散などは援助交際に認定されます。

複数の男性と体の関係を持っている

複数の男性としている場合は援助交際を疑われるので注意が必要です。複数の男性と体の関係を持っている場合は、エッチ前提で報酬が払われていると認識される可能性があるからです。

中学生と高校生はアウト

18歳未満である中学生や高校生が体の関係を持つのは、各都道府県が定める青少年保護法で禁止されています。 お互いに同意があり、お金のやりとりが発生しなくとも発覚すれば女性側は補導され、男性側は逮捕される可能性があります。(お金のやりとりがあった場合は、児童売春にあたるので確実に逮捕されます)また、また、エッチをしなくても手を繋ぐことやキスをするなどの「性行類似行為」も対象なので注意しましょう!

多くの出会い系サイトやパパ活サイトは18歳未満は登録できないような法律が決まっています。加えて、パパ活サイトは利用時に年齢確認必須なので18歳未満がサイトを通じてパパ活をするのはシステム的にもできません。

援助交際(売春)は女性側に罰則なし

ここまで援助交際になるリスクについて説明してきましたが、1つ覚えておきたいポイントがあります。それは「援助交際は未成年女性は逮捕されない」ということです! 援助交際は違法行為であることは間違い無いのですが、犯罪ではないため警察に見つかっても補導や注意で終わります。

紳士的なパパに出会えるおすすめパパ活アプリ3選

できることなら体の関係を持つというリスクや面倒なことは避けたいですよね?パパ活女子の中では体の関係を持たずに月に100万以上稼ぐ人も数多くいます。そんな女性たちに人気の「紳士的で太パパになってくれやすい」男性が見つかると評判のアプリをご紹介します!

シュガーダディ

SugarDaddy(シュガーダディ)
シュガーダディは、2015年にサービスが開始された日本初のパパ活サイトで、年収1,000万円以上の高収入の男性会員数が多いのが特徴です。パパ活会員数が多いだけでなく、「年収証明」機能もあるため、女性に対して年収情報が嘘でないことがアピールされています。マッチングなしでメッセージが送れる上に、女性は登録無料で使えるのでお財布にも優しく、男性には出張先の現地で予定の合う子を探せる「出張検索」なども活用できるので、ぜひ活用してみてください!

シュガーダディの無料登録はこちら

paters(ペイターズ)

Paters(ペイターズ)
paters(ペイターズ)は、人気No1のパパ活アプリです。「夢を追いかける女性」と「夢を応援する男性」をマッチングするアプリで、婚活、恋活、友達探し、仕事の相談等、様々な目的で活用することができます。無駄な日程調整やメッセージもいらず、年齢確認の必須化、24時間365日監視しているので、安心・安全に利用することができます!

ペイターズの無料登録はこちら

pato(パト)

Pato (パト)

Pato(パト)はパパ活(ギャラ飲み)アプリです。30分以内に合格率は5~10パーセント厳しい審査基準で合格率を通過した芸能人、読モ、アイドルなど高レベルの女性と1時間4000円からマッチングできます!女性はスタンダードクラスなら時給4,000円、VIPクラスなら時給8,000円、ロイヤルVIPだと時給20,000円保証!顔出し不要なので、安心して利用できるパパ活アプリです!

pato(パト)の無料登録はこちら

パパ活は詐欺罪になる?

パパ活でよく出る質問に「パパ活は詐欺で訴えられたりしませんか?」というものがあります。結論からいうと、パパ活は詐欺罪になりません!

詐欺罪の定義は「人を欺いて財物を交付させた者は、10年以下の懲役に処する(刑法246条1項)」と定められており、要は相手を騙して利益が発生する行為のことです。

パパ活は食事やお茶などのデートを通して提供した「癒しに対する対価」として、パパから「厚意」でお手当てをもらうため詐欺になりません。

ただし「借金があるから」や「(親が病気ではないのに)親が病気で治療費の足しにしたい」などと嘘を言ってお手当てをもらった場合は詐欺罪になり逮捕される可能性があるので注意しましょう。

パパ活は不倫になる?

パパ活では相手の男性が既婚者の場合があります。そのときに気になるのは「既婚者とのパパ活浮気になるのか」ということです。結論からいうとパパ活は不倫にはなりませんが、大きなリスクがあります。この章ではパパ活と不倫の関係やそれにまつわるリスクを解説します。

デートだけなら不倫にならない

浮気の一般的な定義は「既婚者が配偶者以外と体の関係を持つ」ことを指します。つまり、既婚者とも食事やお茶だけのパパ活ならば不倫にはなりません!また、不倫は法律上では犯罪であると明記されていないため、仮に不倫だとしても逮捕されることはありません。

不貞行為による慰謝料請求に注意

不倫は配偶者以外との肉体関係がある状態で、これを「不貞行為」と呼ぶこともあります。この不貞行為ですが、過去には食事やお茶だけでも、パパの妻が裁判を起こして慰謝料請求を行なったケースがあります。慰謝料の相場は以下の金額になります。

離婚した場合 200~300万円
別居した場合 100〜200万円
どっちもしなかった場合  50~100万円

また、相手が既婚者であることを知らなかった場合や相手が隠していた場合は、体の関係があっても不倫で慰謝料請求されるリスクはありません!

パパ活で違法になるかもしれない2つの注意点

パパ活自体は基本的に違法ではないですが、パパ活に関することで違法になるケースがいくつかあります。パパ活上級者になればなるほど対象になりやすいものなので、注意しましょう!

年間110万以上稼いでいたら税金に注意

パパからもらうお手当は法律上は「贈与」に分類されます。この贈与の額が年間で110万円を越えると、110万円から超えた額に対して10%~55%の税金が「贈与税」として課されます。贈与税の税率は以下の表の通りです。

 

基礎控除後の課税価格 税率 控除額
200万以下 10%
300万以下 15% 10万円
400万以下 20% 25万円
600万以下 30% 65万円
1000万以下 40% 125万円
1500万以下 45% 175万円
3000万以下 50% 250万円
3000万超え 55% 400万円

この表の通り、パパ活のお手当が110万円以上の人は贈与税の対象になります。今後はマイナンバーの導入により、口座に振り込まれたものは申告しないとバレます。ただし、現金でお手当を受け取っている場合は、税務署が把握しきれていないので免れているケースが多いそうです!(不当な方法ではあります)

パパを紹介するケース

パパ活は効率よく稼げるので友達に良いパパを紹介して欲しいと頼まれることがあるかもしれません。また、交際クラブが女の子の紹介マージンを払ってくれることがあるのでそれ欲しさに女の子を紹介することもあるでしょう。

紹介したパパが「体の関係を持ちかけた」場合、紹介したあなたは援助交際(売春)を斡旋した形になり、売春あっせん罪に問われることになるので注意しましょう!

パパ活は正しく行えば違法にならない!

今回はよく質問にあがるパパ活と援助交際や不倫の違いやそれらに当てはまってしまうケース、それぞれのリスクに関して解説しました。総じて言えるのは、未成年じゃない限りは食事やお茶などの健全なデートをすることと事前に既婚者かどうか確かめることで多くのリスクは回避できそうということでした!今回紹介したパパ活に関するリスクを参考にして安全にパパ活を行いましょう♫

SNSでもご購読できます。