実際にあったパパ活詐欺の手口は?警察への相談など対策方法も解説

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

今話題のパパ活で実際に起こった詐欺やその手口について紹介しています。警察への相談や、そうなる前の対策などを徹底的に紹介していきますので、これからパパ活を始めようとしている方や、すでに始めているけど今後のトラブルを避けるためにも勉強したいという方は、ぜひ参考にしてみてください!

パパ活で詐欺被害が増えている!

今話題のパパ活ですが、利用する人口が増えてきたことを皮切りに、詐欺や悪質な被害が増えてきていることはご存知でしょうか?パパ活専用のサービスが増えてきたこともあり、そのサービス特有の詐欺なども存在してきています。中には、食い逃げややり逃げなど、極めて悪質な行為なども出てきているので、注意してパパ活に臨む必要があります。

パパ活詐欺の5つの事例

高額お手当詐欺

パパ活詐欺で多いのが、「高額お手当詐欺」です。あからさまに相場より大きい額の掲示を相手からされて、それを飲み込んで見たものの実際には同等の金額が支払われなかったり、そもそも1円も払ってもらえなかったりするケースがあります。詐欺に合わないためにも、明らかにおかしい金額の掲示などには乗らないようにするか、先払い、一部前払いをしてもらうなどの対策を立てましょう。

リベンジポルノ

これは体の関係を持ってしまったパパさんと発生しやすい事例です。自分と行為をした際の性的画像をネット上にさらされたり、動画サイトに投稿されたりすることも多く存在するようです。パパ活はあくまで、体の関係を持たないのが基本的なので、このような事態を避けるためにも、お金の欲につられて、肉体関係はなるべく持たないようにしましょう。

クレジットカード詐欺

「もっと支援してあげたいからクレジットカードを使い放題にしてあげる」「そのためには一度カードが必要だから預けてほしい」などと言われて、カードを渡してしまった女性が、そのままクレジットカードを悪用されてしまったなどという詐欺も存在しています。基本的にクレジットカードは、名義人本人以外は何の手続きも行うことは出来ません。騙されないようにしましょう。

ドタキャン・ばっくれ詐欺

被害こそ大きくはないものの、ドタキャンやばっくれ詐欺なども存在しています。ただカフェやファミレスなどで食事を取るだけであれば問題ないですが、旅行などを計画していた場合には、予約していたお店からキャンセル料の請求が来たり、そもそもその分開けていた予定をキャンセルすることとなってしまうため、数日間を無駄にすることになり、その月の収入が減ってしまいます。

食い逃げ・やり逃げ詐欺

最後に特に悪質なのが、食い逃げ詐欺とやり逃げ詐欺です。食事で会計前にお手洗いなどで席を外した男性がそのまま帰ってこなかったり、ホテルで行為をしたあと、シャワーを浴びている最中に男性が消えていたりと、非常に悪質な詐欺行為です。もちろんその際の料金は自分が払わないと、自分も利用しているわけなので、払わないわけには行きません…。無駄な出費をしなくてはいけない上に、お手当ももらえないので、本当に最悪な詐欺行為です。

パパ活詐欺をする人の4つの特徴

お手当なしやお手当を後払いにしようとする

パパ活で詐欺をする人の特徴として一番怪しいのは、お手当を後払いにしようとしてくるパパさんです。お手当が後払いになってしまうと、全て終わったあとに気づいたら変えられているパターンや、しらばっくれられるパターンが出てきます。基本的に「後払い」などは避けるようにしましょう。

お金を持っているアピールしてくる

相手が本当にお金持ちであれば、よほどのことがない限り自分がお金を持っているアピールはしてこないでしょう。そのようなアピールをしてくる人は、お金持ちであることを偽って、何かしらの詐欺を企んでいる可能性が高いです。

態度が横柄だったりタメ口などやたらフランク

一概に言えることではありませんが、態度が横柄だったりタメ口を多様に使用してくるパパさんもあまり信用なりません。実際に相手がヤリモクだとわかった場合には、基本的に相手をしてはいけません。やり逃げ詐欺などにあい、お手当をもらえないで終わってしまう可能性があります。

お手当の条件が異常に好待遇

最後に一番わかりやすいのは、お手当の条件が好待遇のパパさんです。特に初回の顔合わせから好待遇だったり、都度の条件で好条件の待遇を出された場合は要注意です。実際にお手当が支払われなかったり、何かしらの詐欺を企んでいる可能性があります。

詐欺にあわないための対処方法

事前にメッセージで条件を確定させる

パパ活で詐欺にあいたくないのであれば、メッセージの段階で全ての取引内容を確定させるようにしましょう。そうすることで、実際にあってからはプラン通りに行動するだけなので、詐欺にあう確率は大幅に下がります。最初からその条件を飲んでもらえなかったり、相手にとって好都合すぎる条件、自分にとって好都合すぎる条件を出して来る場合は、その時点でお断りしてしまっても問題ないです。

VIP会員やダイアモンド会員を狙う

パパ活サイトを利用してパパ活をしている場合は、VIP会員やダイアモンド会員を狙いましょう。これらのパパさんはほぼ確実な信頼を持っているパパさんたちなので、詐欺行為を行ってくる可能性は極めて低いです。

パパ活掲示板を利用しない(専用アプリを使う)

パパ活掲示板や、SNSなどでパパ活を行うわないことも、詐欺行為に合わないための行動の一つです。基本的には専用のパパ活アプリなどを使うことで、アプリ内で詐欺に合わないための心得や、その方法について教えてくれている場合もありますし、専用アプリであれば、男性側はお金を払ってメッセージを送信するため、詐欺行為をする可能性が少なくなるためです。

安全にパパ活できるおすすめアプリ3選

シュガーダディ

SugarDaddy(シュガーダディ)

シュガーダディは、「ワンランク上の上質な出会いを応援する」を売りにしているだけあり、マッチングからデートまでのステップも早く、とても使いやすいアプリです。アプリ内にある「出張機能」を使うことで、お住いの地域だけではなく、出張先でパートナーを探すことも出来るのが魅力的です。
出張予定日が分かっていれば、事前にアプリに日程を入れておけるので、出張予定日に出張先でマッチングすることも容易です。また、24時間の監視体制や、厳重なセキュリティが個人情報等をしっかりと守ってくれるので、安心・安全に利用することが出来るのも嬉しい点です。

シュガーダディの無料登録はこちら

paters(ペイターズ)

paters(ペイターズ)は、気になる相手に「いいね!」を送るだけで簡単にマッチング可能なパパ活アプリです。自分が気になる相手にいいねを送り、相手からいいねが帰って来ればマッチングスタート!あとはお互いにメッセージを送り合いデートの日程を決めるだけ!マッチングの敷居が非常に低く、デートまでも繋がりやすいのがpatersの特徴です。累計マッチング数はすでに300万近くなっており、確かな実績を持ち合わせているのが良い点です。

ペイターズの無料登録はこちら

pato(パト)

Pato (パト)

pato(パト)は、「現地に最短30分でキャストを呼べる」パパ活アプリです。使い方はとっても簡単で、アプリで気に入った子を呼び出すだけ!どのキャストが現在いる場所にどのくらいの時間で到着するかの目安がアプリ内に記載されているので、希望する女性や時間を選んで相手を選ぶことが出来ます。また、嬉しいことに領収書発行も可能となっているため、仕事上の接待などにも利用することができ、少し変わった利用用途でも使われます。キャスト登録さえしておけば、ふとした瞬間にお呼ばれされる可能性がある上に、出会いまでもすぐなので、報酬もすぐに受け取れます。

pato(パト)の無料登録はこちら

詐欺にあった時の対処方法

警察に相談や裁判を起こしても無駄

パパ活で詐欺にあった場合、基本的に警察に相談したり、裁判沙汰にしても無駄になることが多いです。ただし、例外として「18歳未満の人」「既婚者のパパ」は他の法律を使って訴えることが可能です。パパ活自体、違法ではないものの、国に認められている行為ではないため、基本的にパパ活で起きた出来事を通報したところで、盗難などの「そもそも犯罪である行為」をされない限りは、通報などは無駄になります。

クレカ詐欺は訴えられる

先ほどの文中で少し触れましたが、盗難などの「そもそも犯罪である行為」は、もちろん訴えることが出来ます。そのため、クレカ詐欺やリベンジポルノなど、法律的に認められていない行為に関しては全て訴えることが出来ます。そもそもそのような詐欺に合わないことが大切ですが、手段として、通報や訴えることが出来るということは覚えておきましょう。

パパ活で良く起きる3つのトラブル

金銭トラブル

パパ活で起きやすい事項の1つ金銭トラブルは、事前に金額交渉を不確定にしていたがゆえに、実際に支払われる金額に大きく差異が生まれてしまったり、中には支払わないパパさん、逆に高額な請求をしてくる女性も存在します。こうならないためにも、女性側もパパさん側も、金額面は基本的にデート前に確定させておくようにしましょう。

肉体関係トラブル

次の多いのが肉体関係のトラブルです。エッチなしとあらかじめ伝えていたにもかかわらず、密室であることに漬け込んで襲われたり、ホテルに連れ込まれたりするパターンも少なくありません。パパ活は基本的に肉体関係なしで行うものなので、そうなりたくない人は、常に密室を避けるようにしましょう。

個人情報トラブル

最後に、女性側やパパさん側の個人情報を流出させたりするトラブルも少なくないようです。個人情報を流出されては、日常生活で支障を来すだけではなく、本職がある方は本職での仕事内容に響いてしまったりと、不幸が積み重なってしまいます。必要以上に個人情報を伝え合うのは基本的には避けるようにしましょう。

良いパパを見極めて安全にパパ活をしよう!

いかがでしたでしょうか?本記事では、パパ活で実際に起きた詐欺行為や、その対策について触れてきました。詐欺行為に合わないためにするためには「良いパパを見極めること」これにつきます。メッセージをする段階で、パパさんがどのような人なのかを確実に見極めて、少しでも詐欺の確率を事前に下げておきましょう。

The following two tabs change content below.
LOREA編集部

LOREA編集部

マッチングアプリ・パパ活・ギャラ飲みに詳しい20代~30代の男女5~6人が、現在のパパ活情報や有名マッチングアプリの使い方やレビューなどをご紹介♡ぜひ参考にしてみてください!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る